タオル一本だけの「美乳エクサ」でバストの形を整える

年齢と共に加水して形が崩れていくバスト……。
いつまでも若々しいスタイルを保っていたい女性にとっては、大きな悩みの一つですよね。
「年齢だから仕方がない」と諦めてはいけません。
綺麗なバストの形をキープする、あるいは作り上げることが期待できるエクササイズがあります!

■ファーストスッテプは肩甲骨の周りを柔らかくする!

このエクササイズは2つのパートで構成されています。

どちらも使うのは長めのタオルを1本だけです。

第1段階の運動は、まずタオルの両端を掴んで、頭上に掲げます。

それから腕を伸ばしたまま、肩甲骨から動かすように、できるだけ大きく左右に動かすだけです。

 

「バストの形を良くしたいのに、なんで肩を動かすの?」

そんなふうに思うかもしれません。

しかし、バストの崩れは姿勢が悪いことも関係しているのです。

肩周辺の筋肉や乳房の下にある大胸筋が縮こまって、猫背になるから垂れてしまうことが多いのです。

そこでこの第1段階の運動で、肩甲骨の周りを柔らかくするのです。

この左右への動作は1セット15〜20回で大丈夫です。

■乳房のベース、大胸筋をエクササイズする!

次に同じように、頭の上に掲げたタオルを頭の後ろを通して、肘を曲げながら引き降ろしてきます。

この時に肩甲骨を背骨に寄せるようにして動かすことが大切です。

すると胸が開いて、鎖骨の下の筋肉が伸びるのが感じ取れます。

そこが乳房の土台となっている大胸筋です。

長時間のパソコン作業やスマホの見過ぎ、体を丸めて歩くなどして凝り固まった筋肉をほぐしていくと同時に、張りを取り戻せます。

すると姿勢が良くなって、胸が上向きになってきて、形が整って行くのです。

 

このエクササイズも1セット10〜15回くらいが目安。

最初の肩周りのほぐしと合わせて、1日何回行っても大丈夫です。

すると、徐々にですが大胸筋も鍛えられて、乳房の上部が引き上げられるので、上向きバストになっていくことが期待できます。

 

このエクササイズは、胸の形の若返りと共に肩こりの解消にも役立つので、さっそく空いた時間に試してみてはどうでしょうか。

 

(医療/フィットネスライター・松尾直俊)